研究助成募集要項

平成29年度内視鏡医学研究医海外派遣助成応募要項

−定款 第4条の5、海外派遣助成事業−


1.助成対象

わが国の将来の医療を担う若手内視鏡医学研究医(原則として満45歳以下)を対象に国際的視野を育成することを目的として海外で行われる学会(原則として下記による)などで、個人またはグループの研究成果を発表(口演及びビデオ発表が対象)する研究医に助成します。但し、助成の重複を避ける為、他の機関の助成金が決定した場合は速やかに当財団にご連絡願います。また、前年度及び当年度内に本助成を受けた方の応募はご遠慮下さい。各学会において同一施設同一科に対する助成は1件です。

対象学会

【消化器内科分野】

【消化器外科分野】

【呼吸器科分野】

【泌尿器科分野】

【耳鼻咽喉科分野】

【産婦人科分野】

2.推薦者

応募の際は次の推薦者を必要とします。 総合大学の場合は学部長、研究所は研究所長とし、単科大学の場合は学長とする。 大学以外の場合は所属施設の最高責任者とする。

3.応募方法

当財団所定の平成29年度内視鏡医学研究医海外派遣助成申請書による。
(発表される学会よりの採用通知書の写しを添付して下さい。)

4.派遣助成金

台湾・韓国・中国・東南アジア:10万円
北米・オセアニア・インド・パキスタン・中東:20万円
欧州・ロシア・中南米・アフリカ:30万円

5.応募締切及び採否通知

対象学会の開催月 応募締切 採否通知
I期 4月〜7月 学会開催2ヶ月前 学会開催1ヶ月前
II期 8月〜11月
III期 12月〜3月

学会により採否通知時期が異なる為、応募締切、採否通知についてはお問合せ下さい。
採否の結果は応募者宛に通知します。

6.選考方法

当財団の選考委員により審査選考し、理事長の承認により決定します。

7.助成金の交付

平成29年4月以降、出発時期に応じて助成決定者の指定口座に振込みます。

8.助成金の使途

海外学会などの渡航費、滞在費、発表用資材など研究成果発表にかかわるもの。

9.成果の報告

学会終了後、速やかに所定の成果報告書を当財団宛に提出して下さい。

10.お問い合せ及び提出先

〒151−0053 東京都渋谷区代々木2丁目16番7号 山葉ビル
公益財団法人 内視鏡医学研究振興財団 事務局
TEL&FAX 03-3375-3531
E-mail. endo-jfe@endo-jfe.or.jp


ダウンロードについて

Windowsの方
テキストリンクの上で右クリックし、「対象をファイルに保存」「リンク先を名前を付けて保存」等を選んでください。

Macintoshの方
controlキーを押しながらテキストリンクの上をクリックし、「リンクをディスクにダウンロード」「リンク先を名前を付けて保存」等を選んでください。

※申請書は書式を変更しないようお願い申し上げます。


研究助成募集要項へ戻る