7月14日は「内視鏡の日」


7月14日は「内視鏡の日」

1950年、日本で、世界で初めての胃カメラによる胃内撮影に成功しました。
それ以来、内視鏡は食道・胃・大腸のがんなどを早期発見、早期治療するために大切な役割を果たしてきました。
また内視鏡は消化器科だけでなく、泌尿器科、呼吸器科、耳鼻咽喉科、産婦人科、脳神経外科、整形外科など、幅広く用いられ、進化発展しています。

当財団では、内視鏡医学のさらなる発展と普及を願い、7月14日を"7"と"14"で「内視(ないし)」と読む語呂合わせから、「内視鏡の日」に制定し、日本記念日協会の認定を受けています(2006年)。

7月14日「内視鏡の日」には、あなたや大切な人の健康を見つめなおし、内視鏡がどのようにお役にたてるか考えて頂けたら幸いです。